ブログジャンル以外でも運営中 アクセスはこちら!

ブログが飽きたらやめるのではなく別の挑戦に取り組んで見よう

当ページのリンクには広告が含まれています。

ブログを書くのに飽きてしまいました。
書くのは好きなんですが、ずっと同じことをするのが苦手で、1週間ぐらいはやりたくなくなりました。

ブログは毎日手を付けないとだめでしょうか?具体的な解決策をよろしくお願いします。

という内容を疑問にお答えしていきます。

今回はブログにおける難所「飽きてしまったら」どうするか?

ブログを飽きるのはプロでも難しい問題ともいわれており、誰もが課題とするほど絶対に避けて通れない問題でしょう。

そこで今回はなぜ飽きてしまうのか?飽きてしまった場合の対処法を解説していきます。

おすすめユーザー
  • 飽き性をどうにか克服したい!
  • ブログを辞めてしまうリスクの心配性を気にしている方
目次

人は長くやると誰だって飽きてしまう

まず、そもそもずっとやり続けるのは人間の本質上、非常に難しくそもそも向いていません。

なので、続けなくちゃ!と思っていても脳や体がその作業に慣れて飽きてしまうことから長く持つことはまず難しいです。

実際のところ100記事を目指せとは言われてもその9割は100記事に満たないままそのままやめてしまうケースが多く、飽きの問題はまさしく大きな関所でもあるでしょう。

しかし、飽きたとしてもちゃんと乗り越えていける対策法はたくさんあります。

ブログはやめても収益に直接的な影響はあまりない

ブログ自体、一度作ってしまえばあとは勝手に記事がお金を引き寄せてくれます。
そのためフロー型ビジネスと違って自分がやめてもすぐに収益が止まることはありません。

GoogleやBingといった検索がよほどのアルゴリズムを変えていかない限りはそこまで影響は出ないと思われます。

ただ、ブログをやめてしまうだけでは流石にもったいない!

ブログを辞めてしまうのは自由ですが、やめるだけで行動を取るのは流石にもったいないです。
まず、やめてしまう前になぜやめたくなってしまうのかを理由を知っておきましょう。

ブログをやめたくなってしまう大きな原因は以下の2つ。

  • ブログを書く自体飽きてしまった
  • 思ったより稼げなくて挫折してしまう

ブログを書く自体飽きてしまった

まずはブログそのものを飽きてしまったときですが

これらは「しばらくやってみてブログって思ったより楽しくない…」の価値観の相違もしくは
慣れてしまってもう「なんかいいや」という満足してしまったのどちらかにパターンになると思います。

ブログって思ったより楽しくない問題

まずブログが楽しくないということですが
これは自分が合ってないということになりますので、すぐに別の副業に取り組んだほうが良いと思います。

ある方によればブログは自分あってなかったけどせどりは楽しいという方がちらほらいるよ!

ブログは文字打ちが前提で長期勝負なので、地味な勝負を続けなければならないのです。
なのでこの勝負が苦手な方は正直に言って向いてないかもしれません。

純粋に飽きてしまった

そして後者の方は誰でも壁にぶつかる問題で、いくらブログが好きで好きでたまらない人であっても絶対にぶち当たってしまう問題とも言えます。

人は前述の通り長くやり続けるのに鬼門です。
それなのに対してブログは終わりなき長期戦前提なので、人間の本能とブログの相性は悪いと言えるでしょう。

そして純粋に飽きてしまう問題は初心者や中級者にも限らず、プロブロガーや法人でもよくあったりします。

噂によれば1年で10%の残存、3年で1%の残存とも言われています。

実際にいろんな方のプロブロガーの記事を読ませてもらったんですが
4年~5年ぐらいでパタリと更新が減っていることがわかっています。

つまり5年を超えると覇道に乗り越えられるってこと?

YMYLの厳しすぎるカテゴリーを除けば高確率で行けることは可能とも言える。
ただ、自分次第だ!

なので、何が言いたいのかと言うと「純粋に飽きてしまった場合」はまだ十分に再開できる可能性が残されています。

実際にブログ書くのは好きだけどちょっとなんか物足りないなぁとか、たまには別のことしてみたいというときには思い切って休んで他のことに楽しんでいきましょう!

思ったより稼げなくて挫折してしまう

もう1つのパターンは思ったより稼げなくて挫折してしまって、なんかもういいやという諦めモードになってしまう飽きパターンです。

まず、基本前提として記事数や時間にもよりますが

1年未満で100記事以下という状況なら、伸びにくくて当たり前ですのでもう少し粘れば確実に来ると思います。

なので時間も記事数が少ない場合は諦めが早いと言えるでしょう
それでもなんか飽きたなぁと思ったら、そこは1週間ぐらいブログのことを休んで別のことを楽しみましょう。

一方で3年以上で300記事も書いてあまりにも伸びてない場合はブログの戦略性が間違っているので記事構成やカテゴリーと言ったSEO対策などを根本的なところを見直しましょう。

長くやって稼げなくて諦めてしまう前にまずは自分がどういったポジションに居るのか分析しておきましょう。

  1. カテゴリー
  2. 記事数
  3. PV数
  4. ASPなどの広告ジャンル
  5. TwitterもしくはInstagramのSNSのフォロワー数

ブログ以外で別の道に挑戦おすすめすること

ブログが飽きてしまうことは新たな世界を挑戦するきっかけになるかもしれません。

そこでいくつかブログを一旦外れて、何かに挑戦したり体験することをおすすめします。
その中で個人的おすすめ5つともう1つ特殊なおすすめをご紹介していきます。

フロー型ビジネスをやってみる

まず別の挑戦するにおすすめなのが「フロー型ビジネス」をやってみること

ストック型ビジネスの一種でもあるブログとの大きな体感違いは「コミュニケーション」と「スピード」です。

フロー型ビジネスはどんな場面でも顧客相手と関わるため、どの場面でもコミュニケーションが最も重要なスキルです。

そして時間成約がないストック型において、フロー型ビジネスはとにかくスピードが命!
もちろん作業を雑にしてはいけないですが、納期も送らせてもだめなので時間管理なども求められます。

おすすめする理由としてはストックでは感じさせない「スピード感による刺激」、「ブログのネタの幅が広がる」という2つの理由です。

Youtuberをやってみる

文字打ちのが単純に飽きてしまったのであれば「Youtuber」をやってみるのもおすすめです。

Youtuberも実際のところブログと結構似ていて、まずマーケティングの戦略が基本的に使い回すことができます。

違う点は、Youtubeは創造性に強く、ブログは現実解決系!

そのため無知から始めるよりかは圧倒的にハードルが低いです。

なお、Youtuberを前提に紹介しましたが、顔出しはちょっと言う方にはVtuberがオススメです。
配信は競争が厳しいのであまり推奨しませんが、ブログと繋ぐ要素で動画メインであれば十分に狙えるでしょう。

コミュニティサイトに加入してオフ会に喋ってみよう

コミュニティサイトなどに入って、見知らぬ方と話すのもおすすめです。
SNSを使えばいいじゃん?と思うかもしれないですが

SNSでは価値観の合わない人が高確率で遭遇する場合が多く、深く喋るのにはあまり向いていません。

一方のコミュニティサイトの場合有料ですが、なんと中にはオフィスやスペースと言った、有料会員だけのスペースが用意されていることがあります、

実際に知らない人ばかりの空間で最初は戸惑ってしまいますが、いざたくさんの方と話をすると本当に視野が広がりました。

新たなアイデアなどが想像つくので月額払ってまで入ることをおすすめします。

旅行してみる

次におすすめなのが思い切って旅行することです。

ブログで飽きてしまっている場合、旅先はできれば一回も行ったこともない場所がおすすめです。
行ったことある場所とない場所では知識と新鮮感が全く違っていきます。

ブログで飽きている場合は刺激的なのが失っていることが多いので、道なる新たな場所はその空気の刺激感をブロガーに味わせていきます。

資格勉強してみる

ちょうどネタ切れ感、うまく記事がかけない場合、資格勉強で新しい知識を磨くのがおすすめです。
飽きてしまうときって、書きたい記事がない場合もあるので、新しい知識を身に着けてブログをもう1つ作るのも戦略の手でしょう。

また、資格勉強の中で「士業」などを行うと独立開業も狙えるチャンスもあったりします。

ブログに小説を書いてみる(インデックスOFF推奨!)

最後のおすすめは小説を書いてみることです。

実際に紹介していいのかと思ったんですが
今回自分らしさを最優先したい理由からゲーム制作を前提にした小説を始めていくことにしました。(実際公開は101記事目以降)

SEO上マイナスになるんじゃないの?

という声もあるでしょう。

SEO問題に関してはノンインデックスにしたり、全般の最新記事などをあえて載せないように対策しています。

SWELLだからこそできる!

なので、小説による読者無視によって直接的なSEOにはあまり影響は受けないと思います。

個人的に運営するサイトをむやみに増やすと集中する場面が分散してあれもこれもってなってしまうので、どうせ雑記であればどっちみち成長が遅いので、1個にまとめたほうがやりやすいかなと思いますね。

やめる際に注意点

ブログを一旦やめる際に3つの注意点があります。
この注意点を守ればモチベーションが保てやすいので

SNSは止めるな!

ブログを辞めたとしてもSNSも同時にやめるのは話は別になります。

ブログを辞めたとしてもSNSは決して止めないべきです。

SNSはブログの目線でいうと集客をメインとしているので、SNSを止めてしまうということは集客を断ってしまうことになります。

1日ぐらいは止めてもあまり影響はないとは思いますが
SNSの場合はとにかく流動性が高いので最低でも1日1ツイート、できれば毎日何かしらのコミュニケーションをとっておきましょう。

再開をすることを前提にして中断する

飽きたらやめてもいいよと言いましたが、再開するという気持ちを忘れずにしましょう。

最低でも気分転換、できれば次なるブログのネタができるように、夏休みの宿題感覚で中断しておきましょう。

とにかく楽しめ!!!!!!!!!!!

最後はとにかく本気で楽しめ!その一言です。

以上です。

まとめ

今回はブログを飽きてしまって続けられなさそうな原因や解決策を解説していきました。
飽きてしまう問題はプロでも一番の難関とも言われています。

けれど、長く残っていればいるほど強くなるのがWEBサイトの世界
ブログでも例外ではありません。l

1日でも長生きすればその最後の価値が上がっていきます。

そのため飽きたとしても本文の通りほとんどが一時的な原因です。
この場合の対処法は

対処法
  • 【必須】ブログは一時中断しても良い、ただしSNSは絶対にやめるな
  • 【必須】WEBサイトは長寿命ほど最強と言われる世界ということを認識しておく
  • 経験を追加してみたいと思ったら「フロー型ビジネス」に挑戦してみる
  • 文字入力に飽きただけなら「Youtuber」の道を挑戦してみる
  • より交流を深めるなら「コミュニティサイト」もおすすめ!
  • ネタ切れ感があるなら「資格勉強」をやってみるのが最適
  • ブログ論の固定概念を打ち消す「ゲーム事業制作の小説」(ノンインデックス推奨)

です。

飽きるという敵をどう乗り越えるかはあなた次第!

1秒でも長くブログ生活を楽しんでいきましょう。

]]>
よかったらシェアしてね!